2007年04月21日

夢みたい

仕事から帰ってきて、録りためた会見を編集しながらみて、
これ、今日の仁の、KAT-TUNの姿なんだと思ったら、
しみじみと泣けてきました。

これがほんとの最新映像。

事前に撮っておいたものではなく、
昨日帰ってきたばかりの仁の姿なんだ!
と泣きながら見ました。

5人のコメントも、とてもしっかりしていて、
頑張ってきた結果が表れていると思いました。
惚れ直しました。

今までのさり気ない仁くんへのコメントも、
ほんとにありがとう。

ゆっちは取材のとき必ず仁くんの名前を言ってくれてたそうで、
それ聞いて思い出したのは、24時間テレビの手紙コーナーで、
仁君が、中丸が一番KAT-TUNのことを考えている、と言ったこと。

ゆっちの気持ちも嬉しく、
それに気づいていた仁くんの繊細さも、やっぱり誇らしく。
仁くんてそういう人だよね。
一見派手で暴れん坊なイメージだけど、
実は繊細で人の気持ちに敏感で、心の綺麗な純粋な人なんだ。
彼の人を見る目はほんとに正しくて澄んでいる。

それを思い出してまた泣きました。

たっちゃんのコメントはいつも的を得ていて、すごくかっこいいと思ってます。
仁と同じで、たっちゃんの選ぶ言葉が、私は好きです。
やっぱり彼は大人だよなー。

そして聖の正直な厳しさ。あれも大事。
ああいうことを言えるのは、ほんとに強くて優しい人の証だとおもう。
優しく受け入れてくれる気持ちはもちろん嬉しいけれど、
ああやって、仕事に向かい合う覚悟を試す機会を与えてくれたことは、仁くんのために必要だったと思います。
それに答える力があったから、仁くんはKAT-TUNに帰ってこられたんだと思う。
それが「初心を忘れず」って言葉に繋がったんじゃないかな。

じゅんののいつも通りの笑顔と、冷静なコメントにも感謝。
やっぱりじゅんのはかっこいい。
場を和ませる力を持った、本当の癒し人だね。
写真撮影のとき、仁くんの肩(鎖骨含むあたり)をわきわきっと手でもんで、仁君が肩を振るわせたのが、かわいかったです(笑)
その直前の、笑いあう二人も素敵でした。

そして亀ちゃん、一番いろいろ理不尽なマスコミ攻撃を受けてきた人じゃないでしょうか。
でも冷静に、いままでのこと、これからのことを語ってくれて、
すごく格好良かった。

KAT-TUNは最高だよ。
ファンになって良かった。
何があったって、これだけ強いメンバーが揃っていれば、乗越えていけると思う。

あー本当に、帰ってきてくれてよかった!
嬉しい!
また泣けてきた(笑)

何もなかったよりも、
結果それぞれ成長できたし、
大変だった分、得るものも大きかったんじゃないでしょうか。

私は半年前よりも、より6人が好きになったし、
これから何があっても、好きな気持ちは変わらないだろうと思う自信がつきました。

オタも成長した(笑)

もちろん、こんなことはもうかんべんだけど(笑)

明日仙台でいきなり生仁に会えるなんて思ってなかった。夢みたい。
あ、もう今日か。
しかもあと1時間で起きる時間。
つーか起きてるし(笑)

このまま出発になりますね。

昨日もあんまり寝てないけど、

半年まえの、2日で2時間の睡眠よりもずっといい。
時間はそんなにかわらないけど、
気持ちが全然違うからね。

ということで行ってまいります!
posted by 睡酔 at 05:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | KAT-TUN雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39527916

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。